• ホーム
  • 放置しておくと前立腺炎に発展する男性のクラミジア

放置しておくと前立腺炎に発展する男性のクラミジア

薬を飲む男性

クラミジアは、性感染症の一種ですが、非常に感染しやすく、1回の性交渉でも感染してしまうことがあります。
症状は男性と女性とで異なり、男性の場合は、尿道のかゆみや不快感、膿が出たり、発熱することがあり、放置しておくと前立腺炎になってしまう恐れがあります。

クラミジアに感染後、1週間後ほどで原因となるクラミジアトラコマティスが尿道に侵入し、尿道のかゆみや膿の排出などの症状が出ますが、放置しておくとさらに病原体が前立腺にまで侵入して、炎症を引き起こします。
前立腺炎になると前立腺が腫れたり、微熱が出ます。
さらに放置して症状が進んでいくと、排尿時への痛みや頻尿、排尿困難、射精の際に肛門と睾丸の間に痛みが出たり、精液に血が混ざることがあります。

クラミジアは、自覚症状と前立腺炎の初期症状が似ているため判断が難しく、気づいたら前立腺の炎症が重症化してしまっているというケースもあります。
前立腺炎だけ治療するのではなく、クラミジア治療も同時に行わなければなりません。

クラミジアウィルスが前立腺に侵入すると、数週間で治療することは難しく、完治まで数か月治療期間が必要になります。
前立腺は、薬が届きにくい場所にあるため、完全にウィルスを死滅させることは難しいといわれ、治療してもぶり返してしまうことも多いようです。
また、放置しておくと最悪の場合、カテーテルを使用しなければならないほどの排尿困難になってしまう場合もあるので、気になる症状が見られた場合はすぐに泌尿器科で治療を受けることが大切です。
クラミジアには抗生物質であるジスロマックが処方されることが多いでしょう。
ちなみにジスロマックを手軽に通販で購入することもできるため、服用歴がある場合はこちらの購入も大いにありです。

クラミジアを放置しておくと、前立腺炎だけではなく、淋病やHIVなどの性感染症やへもかかりやすくなり、感染率が3倍から5倍もリスクが高まるという報告もあります。

サイト内検索
人気記事一覧