• ホーム
  • 性病は必ず再検査をしましょう

性病は必ず再検査をしましょう

病原体

クラミジアは日本で一番感染者が多い性感染症です。
近年、特に性体験がある10代から20代に感染者が増加している傾向にあります。
クラミジアに感染していても症状を感じないことが多いので、感染に気付かずにパートナーにうつしてしまうことが多いので注意が必要です。
女性の場合は気付かずに症状が進行してしまうと、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなってしまいます。
クラミジアは、精液や膣粘液を介して感染者との粘膜同士の接触で感染します。
そのため、オーラルセックスでも咽喉に感染することもあります。

感染しているとHIVへの感染率が3から5倍になるという怖いデータもあるので、ただの性感染症だと侮ってはいけません。
症状が出ないことも多い感染症ですが、男性と女性で以下のような症状が出ることもあります。
男性の場合は、軽い排尿痛、尿道から膿が出る、尿道のかゆみや不快感、軽い発熱や痛みなどです。
尿道からの膿はサラサラとしたものが出ることもあり見逃しやすく、どれも些細なことなので気にとめないことが多いです。
感染に気付かずに悪化してしまい、前立腺炎になってから感染に気付く人も少なくありません。
女性の場合は、おりものの増加、不正出血、性交痛、下腹部の痛みなどがあります。
単なる排卵痛だろうと放っておく人が多いので注意が必要です。
不正出血があったら産婦人科を受診した方が良いでしょう。

女性の場合は症状が出るのは稀で、パートナーの感染発覚によって気付いたり、悪化して卵管炎を起こすこともあります。
卵管炎は不妊の原因になってしまうので、そうなる前に気付けるのがベストです。
違和感を感じたらすぐにパートナーと一緒に検査をしましょう。
治療を受けてしばらく経ったら再検査することも重要です。